スペインで響く日本の平和の鐘

9月21日、越川大使はアルコベンダス市主催「平和の日」式典に参加し、アルコベンダス市市長、アフガニスタン大使らと共に世界平和への願いを表明しました。アルコベンダス市ベガ公園には、「平和の鐘」(注)が設置されており、毎年9月21日同式典が開催されています。

 また、式典の後、越川大使は同公園に隣接するアルコベンダス盆栽博物館を視察し、ルイス・バジェホ館長の案内の下で欧州有数の盆栽コレクションを鑑賞しました。

(注)「平和の鐘」:1954年に日本人の中川千代治氏が当時の国連加盟国65カ国に戦争の悲惨さ、平和の尊さを説いた平和運動を開始し、その一環として、各国のコインと銅の合金で鋳造した「世界平和の鐘」を56年国連本部に贈りました。アルコベンダス市にも国連本部と同じ鐘が設置されています。

●式典の様子

DSCF5526 DSCF5529

越川大使による挨拶               来賓者が鐘をつき、鳩を放つ様子

DSCF5514 DSCF5540

アルコベンダス市音楽舞踊学校生徒による合奏    同学校生徒によるゴスペル

●アルコベンダス盆栽博物館視察

DSCF5553

広告